いびきの治療法

薬物療法

いびきの治療として気管支拡張剤などを使うことがあります。

気管が狭くなっている場合などは効果があります。

しかしこれも根本的に治すわけではないため、効果があったとしても薬をやめると再発します。

他の治療法と同じように、まずいびきの原因を知ったうえで、その原因を取り除いていくことが大事です。

いびきの治療法

手術する場合

いびきの治療として手術をする場合もあります。

一般的に行われているのが「のどを広くする手術」です。

気道を塞いだり、狭くしている直接の原因である「扁桃や口蓋垂(のどちんこ)」などの粘膜部位だけを手術で切りとって咽頭を広くし、空気の通り道を広くする方法です。

レーザー手術を行なう病院が多くなってきたため、体への負担が少ないです。

ただあまり大きく切り取れないため、効果があまりないこともあります。
一時的によくなっても、再発することもあります。

医師とよく相談してみましょう。

いびきの治療法

鼻マスク(CAPA)をつける

睡眠時無呼吸症候群の治療のひとつとして「鼻マスク」の装着があります。

眠る時に鼻マスクをするのですが、小型のポンプで鼻から気道に空気を送り込むのです。

慣れるまでに少し時間がかかるのが難点ですが、睡眠時無呼吸症候群が原因の場合はかなり改善されます。

ただ、鼻マスクはいびきの原因を取り除くわけではないので、症状を改善しながら、肥満の解消等の原因を取り除くようにしていく必要があります。

鼻マスクを使用するには医師の診察が必要です。
「睡眠時無呼吸症候群」として認定されれば社会保険(健康保険など)の適用となり、「月に数千円」の負担で使用することができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。