いびきの原因

「アルコール・薬」が原因の場合

お酒を飲むと、気道の粘膜が充血してふくらみます。
そして舌や咽頭の筋肉がゆるむので、その結果気道が狭くなりいびきが出るようになります。

薬を飲んだ場合も、「筋弛緩薬」「睡眠薬」「精神安定剤」などは筋肉をゆるめる作用があるため、お酒を飲んだ時と同様、舌や咽頭の筋肉がゆるむので、その結果気道が狭くなりいびきが出るようになるのです。

これらのいびきは一時的なもので、お酒や薬を飲まなければいびきをかくことはありません。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。