いびきの原因

いびきの原因(口をあけて眠ること)

いびきをかく人のほとんどは「口をあけて」寝ています。

口をあけて仰向けに寝ると、自然と上気道が狭くなるのでいびきが出てしまうようになるのです。

口をあけて寝る要因としては

 1.常に口呼吸をしているから(習慣)
 2.風邪や病気などにより鼻が詰まっているから
 
この2つが主なもの。

「2」については、風邪を治したり、「蓄膿症」のような鼻の詰まりの原因になる病気を完治することによって、いびきが出なくなります。

やっかいなのは「1」

幼い頃からの習慣であれば、直すのはやっかいです。
本人が常に意識して「鼻呼吸」をするように努力するか、矯正用のグッズなどを用いてみてもよいでしょう。

また、矯正歯科などでも相談にのってくれます。
一度受診してみては?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

いびきいびき(鼾、Snoring )は、狭くなった上気道が呼吸時に擦れて出す音。睡眠時に出る。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wiki..
ブログ名病気、知らないと怖い!病気の話!
2007-10-01 13:45


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。